高齢者対応賃貸住宅(GRAN FAMA)

●地域社会の中で自立した日常生活を営むことができる高齢者が、安心・安全に暮らせる住まい造りのため、既存の共同住宅をバリアフリー仕様(床の段差解消・手すりの設置等)に改造する工事を実施し、高齢者対応賃貸住宅を実現しました。
●高齢者円滑入居賃貸住宅として財団法人高齢者住宅財団に登録されており、共同利用施設は無くすべて専用の設備ですので、他人に気兼ねのない生活ができます。
●高齢者向け設備として、24時間緊急時対応サービス(緊急通報装置とペンダント型発信器を貸与)が利用でき、緊急通報装置には健康相談サービスとタクシー優先配車サービスが付いております。

玄関ベンチ

玄関に、腰掛けのベンチを設置しました。
靴の脱着と、腰の上げ下ろしを補助します。
中には靴などが収まりますので、スペースも無駄になりません。
土間と廊下に繋がっているので、身体の移動もスムーズです。

トイレ・廊下

トイレと廊下に手すりを設置しました。利用の多いトイレでは立ち座りしますので、手すりがあると身体の負担が少なく済みます。
出入口にも手すりがあると、ドアの開け閉めが楽です。

廊下

ドアの下に飛び出てた敷居を撤去し、床をかさ上げして段差を解消しました。
これで、つまずくことなく部屋の移動ができます。

ホール

中間のホールにも手すりを設置しております。

バスルーム

バスルーム

お風呂はユニットバスに交換し、ユニット全体を下げることにより、ドアの出入口がフラットになりましので、跨ぐことは無くなりました。

バスルーム

浴室ドアの横に手すりを付けたので、出入りの際も身体が安定し移動がしやすく安心です。

バスルーム

もちろん浴槽の上にも手すりを設置しました。
立ち座りの時も安心で、動作もしやすく便利です。

24時間緊急対応サービス

緊急通報装置とペンダント型発信器(健康相談サービスとタクシー優先配車サービスが付いております。)